用途地域とは

用途地域

住居、商業、工業など市街地の特色を持つ枠組みとして13種類が指定されています。それぞれの地域の住環境を整えるため、建てられる建築物の種類が定められています。

第一種低層住居専用地域

閑静な住宅街

第二種低層住居専用地域

コンビニ等の小店舗が存在し、第一種低層住居専用地域よりは、少しにぎわっているところ。

第一種中高層住居専用地域

6~7階建てくらいの中高層マンションが立ち並んでいるところ。

第二種中高層住居専用地域

大き目の店舗、事務所等が存在し、第一種中高層住居専用地域よりは、比較的大きな中高層マンションが立ち並び、にぎわっているところ。

第一種住居地域

一戸建て住宅と中高層マンションが混在するところ。

第二種住居地域

パチンコ店、マージャン店等の遊戯施設があり、第一種住居地域と比べると、店舗や事務所が多めに存在するところ。

準住居地域

比較的大きな道路沿いの地域で、大きなパーキングがあるスーパーマーケットや自動車のショールーム等と住居が調和して混在するところ。

田園住居地域

農家と田園地帯の中に農産物の直売所等があるところ。

近隣商業地域

1階が店舗で、2階が住宅というような建物が多く存在し、住宅地に隣接した商店街。

商業地域

繁華街、デパートなどが存在するところ。

準工業地域

工場が多く存在するところではあるが、花火工場のような著しく危険な工場の存在を認めず、周囲の環境保全に配慮された地域。

工業地域

工業専用地域に比べると、住居や店舗等が比較的存在する工場地帯。

工業専用地域

石油コンビナート・臨海工業地帯。