飯塚市 中古住宅

  • up
    飯塚市相田の中古一戸建て P2台 リフォーム済 飯塚市相田の中古一戸建て P2台 リフォーム済
    450万円 4K
    飯塚市相田




飯塚駅

飯塚駅

新飯塚駅

新飯塚駅

飯塚バスセンター(先代)

飯塚バスセンター(先代)

旧三菱飯塚炭鉱巻き上げ機台座

旧三菱飯塚炭鉱巻き上げ機台座

長崎街道内野宿の休憩施設長崎屋

長崎街道内野宿の休憩施設長崎屋

福岡県飯塚市忠隈のボタ山(筑豊富士)

福岡県飯塚市忠隈のボタ山(筑豊富士)

飯塚市 基本情報

飯塚市は、福岡県のほぼ中央に位置し、市内には遠賀川が流れ、三方を山に囲まれた良好な自然環境を有しています。また、明治時代以降は日本の近代化を支えたエネルギー供給地域の中核都市として発展してきました。現在は、「3つの大学と研究開発機関等の立地」、「充実した医療機関」、「福岡・北九州都市圏への良好なアクセス」などの特色を活かしたまちづくりを行っています。

総面積 214.07km2 334位(815市区中)
世帯数 54732世帯 209位(815市区中)
人口総数 129801人 218位(815市区中)
年少人口率(15歳未満) 13.14% 224位(815市区中)
生産年齢人口率(15〜64歳) 56.65% 521位(815市区中)
高齢人口率(65歳以上) 30.21% 364位(815市区中)
転入者数 4623人 250位(815市区中)
転入率(人口1000人当たり) 35.62人 373位(815市区中)
転出者数 4485人 248位(815市区中)
転出率(人口1000人当たり) 34.55人
主な祭り・行事  大将陣桜まつり 飯塚山笠 飯塚納涼花火大会 いいづか雛のまつり 筑前の國いいづか街道まつり JAPAN OPEN-飯塚国際車いすテニス大会 飯塚新人音楽コンクール

市区独自の取り組み 飯塚アジアIT特区(IT関連の外国企業が市内に支店開設する際の規制の特例やそれに伴う外国人の入国・在留申請の優先処理に係る特例)
ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)産業・経済の活性化(2)教育・文化の充実(3)市民福祉の向上(4)生活基盤の充実・環境整備(5)まちづくりの推進(6)全事業。お礼の品として、市外在住の1万円以上の寄付者に、飯塚市の業者が厳選した約300品の中から1品を贈呈。
地方債現在高 74,851,630千円 714位(815市区中)
地方債現在高:1人当たり 577千円 602位(815市区中)

飯塚市 暮らしのデータ

公共料金・インフラ
ガス料金(22m3使用した場合の月額) 飯塚ガス7366円 214位(649事業者中)
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 飯塚市2667円 311位(1128事業者中)
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 飯塚市3033円 543位(842事業者中)
下水道普及率 46.2% 594位(784市区中)
安心・安全
刑法犯認知件数 1377件 659位(815市区中)
刑法犯認知件数:人口1000人当たり 10.66件 759位(815市区中)
ハザード・防災マップ あり
医療
一般病院総数 11所 132位(815市区中)
一般診療所総数 133所 154位(815市区中)
小児科医師数 42人 143位(815市区中)
小児人口10000人当たり 24.63人 120位(815市区中)
産婦人科医師数 20人 126位(815市区中)
15〜49歳女性人口1万人当たり 8.14人 56位(815市区中)
介護保険料基準額(月額) 6600円 757位(815市区中)
ごみ
家庭ごみ収集(可燃ごみ) 有料
家庭ごみ収集(可燃ごみ)−備考 資源ごみ(古紙・古布・資源プラスチック)、有害ごみは無料。
家庭ごみの分別方式 3分別〔可燃ごみ 不燃ごみ 空きびん・空きかん〕
家庭ごみの戸別収集 一部実施
粗大ごみ収集 あり
粗大ごみ収集−備考 事前申込制。粗大ごみ指定シールに氏名記入を貼付。予約日の当日午前8時までに出す。
生ごみ処理機助成金制度 なし
生ごみ処理機助成金額(上限) – –
生ごみ処理機助成比率(上限)

飯塚市 出産・育児

育児
出産祝い あり
出産祝い-備考 出産祝い品として、スタイ・ガーゼハンカチを贈呈。
子育て関連の独自の取り組み (1)休日等子育て支援事業(保護者の仕事、冠婚葬祭、病気または介護等により日曜、祝日に家庭で看る事ができない小学校1年生から小学校6年生までの児童を預かる事業)。(2)子育て応援情報発信事業(就学前の乳幼児を持つ保護者を対象に飯塚市の最新の子育て情報を集約した情報紙を毎月1回発行)。
乳幼児医療
乳幼児医療費助成(通院)対象年齢 小学校卒業まで
乳幼児医療費助成(通院)自己負担 自己負担あり
乳幼児医療費助成(通院)自己負担-備考 小学生は、月1,200円まで自己負担あり。小学校就学前までは、自己負担なし。
乳幼児医療費助成(通院)所得制限 所得制限なし
乳幼児医療費助成(通院)所得制限-備考 –
乳幼児医療費助成(入院)対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児医療費助成(入院)自己負担 自己負担あり
乳幼児医療費助成(入院)自己負担-備考 小学生以上は、1日500円、月7日までの自己負担あり。小学校就学前までは、自己負担なし。 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児医療費助成(入院)所得制限 所得制限なし
乳幼児医療費助成(入院)所得制限-備考 –
幼稚園・保育園
公立保育所数 4所 453位(813市区中)
0歳児保育を実施している公立保育所 4所
公立保育所定員数 560人 359位(809市区中)
公立保育所在籍児童数 478人 346位(797市区中)
私立保育所数 22所 145位(813市区中)
0歳児保育を実施している私立保育所 22所
私立保育所定員数 2270人 138位(808市区中)
私立保育所在籍児童数 2151人 140位(793市区中)
保育所入所待機児童数 0人 1位(815市区中)
0歳児の認可保育所月額保育料 48,800円 577位(803市区中)
0歳児の認可保育所月額保育料-備考 –
認可外保育所に預ける保護者への補助 なし
認可外保育所に預ける保護者への補助内容 –
認定こども園数 7園 199位(813市区中)
預かり保育実施園数-公立 –
預かり保育実施園数率-公立 – –
預かり保育実施園数-私立 6園
預かり保育実施園数率-私立 100.0% 1位(507市区中)
長期休業期間中の預かり保育実施園数-公立 –
長期休業期間中の預かり保育実施園数率-公立 – –
長期休業期間中の預かり保育実施園数-私立 6園
長期休業期間中の預かり保育実施園数率-私立 100.0% 1位(472市区中)
小学校・中学校
公立小学校1学級当たりの平均生徒 23.8人 288位(814市区中)
公立中学校1学級当たりの平均生徒 28.2人 279位(814市区中)
学校給食 【小学校】完全給食 【中学校】完全給食
学校給食民間委託 一部で導入(調理)
公立中学校の学校選択制 一部実施
公立小中学校の耐震化率 91.7% 767位(815市区中)

飯塚市 住宅支援

新築建設
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 30万円
補助/助成金条件・備考等 【飯塚市定住促進転入者マイホーム取得奨励金制度】(a)2017年3月31日までに新築し、かつ、その住宅の所在地に転入した方は、土地代・消費税を除いた購入費×10/100(1,000円未満端数切捨て)。上限は50万円。市内の業者の施工及び販売の場合、10万円加算。(b)2017年4月1日以降に新築し、かつ、その住宅の所在地に転入した方の場合、土地代・消費税いた購入費×10/100(1,000円未満端数切捨て)。上限は30万円。(a)、(b)ともに他要件あり。
新築購入
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 30万円
補助/助成金条件・備考等 【飯塚市定住促進転入者マイホーム取得奨励金制度】(a)2017年3月31日までに新築し、かつ、その住宅の所在地に転入した方は、土地代・消費税を除いた購入費×10/100(1,000円未満端数切捨て)。上限は50万円。市内の業者の施工及び販売の場合、10万円加算。(b)2017年4月1日以降に新築し、かつ、その住宅の所在地に転入した方の場合、土地代・消費税いた購入費×10/100(1,000円未満端数切捨て)。上限は30万円。(a)、(b)ともに他要件あり。
中古購入
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 30万円
補助/助成金条件・備考等 【飯塚市定住促進転入者マイホーム取得奨励金制度】5年以上の定住要件で、転入日の前日から起算して前3年間に住民登録がない転入定住者に対するマイホーム取得支援制度。土地代及び消費税を除いた購入費×10/100(1,000円未満端数切捨て)。上限30万円。併用住宅・共有名義については、要件あり。
増築・改築・改修
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)10万円(2)30万円
補助/助成金条件・備考等 (1)市内施工業者が請負う工事で、工事費が10万円以上(消費税を除く)のもので、住宅改修工事に要した工事費(消費税を除く)の1/10に相当する金額で、10万円を限度(1,000円未満切捨て)。(2)震災に強いまちづくりを図るため、市内に存在する木造戸建て住宅(1981年5月31日以前の建築物)を耐震改修工事を行う場合に経費の一部を補助金として交付。補助の額は、耐震改修工事に要した税込みの工事費の25%に相当する金額で30万を限度額とする。
その他
(都道府県)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度 あり
(都道府県)新・省エネルギー設備機器等導入補助内容 【福岡県既存住宅流通多世代居住リノベーション推進事業補助金】子育て世帯、高齢者等が共に安心して暮らすことができる多世代居住を促進するため、住宅の性能又は機能を向上させる改修工事に要する経費に対し補助金を交付。省エネルギー改修が補助対象工事の1つである子育て対応改修は補助率1/3、限度額30万円。
(市区)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度 なし
(市区)新・省エネルギー設備機器等導入補助内容 –
移住支援制度 新規就農者支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし