不動産を相続したらどうする予定?

相続された不動産は今・・・

20代以上の男女781人を対象に「不動産相続」についての調査(2017年リビンマッチ調べ)を行った結果、

【不動産相続の経験や可能性はありますか?】
相続の経験がある・・・21.9%
相続する可能性がある・・・30.5%
どちらもない・・・47.6%

【相続した不動産は何ですか?】
1位 戸建て・・・79.5%
2位 農地・・・18.7%
3位 土地・・・8.2%
4位 マンション・・・7.0%
5位 アパート・・・1.8%
6位 ビル・・・1.8%
7位 山林・・・1.8%
8位 駐車場・・・0.6%

【相続した不動産はどうしましたか?】
1位 自分が住んだ・・・36.8%
2位 売却・・・22.8%
3位 空き家として管理・・・17.0%
4位 空き家として放置・・・11.7%
5位 賃貸に出した・・・8.8%
6位 更地にした・・・5.8%
7位 駐車場経営・・・4.1%
8位 放置・・・3.5%
8位 子どもが住んだ・・・3.5%
8位 アパマン賃貸経営・・・3.5%
11位 太陽光発電として活用・・・1.8%
11位 親が住んだ・・・1.8%
13位 トランクルーム経営・・・0.0%
13位 戸建て賃貸経営・・・0.0%
13位 サービス付き高齢者住宅経営・・・0.0%
その他 1.8%

相続した本人を含めた家族「自分が住んだ」「子どもが住んだ」「親が住んだ」が42.1%となり一番多い結果となりました。

「空き家として管理」「空き家として放置」で空き家のままにしている人の合計28.7%となりました。

「売却」した人は22.8%で、

「賃貸に出した」「駐車場経営」「アパマン賃貸経営」で何らかの賃貸をしている人16.4%と合わせると39.2%の人が収益化をしていることが分かりました。

相続予定の不動産をどうしたい?

不動産相続の可能性がある人に聞きました。

【その不動産を相続する意思はありますか?】
はい・・・79.4%
いいえ・・・20.6%

【相続する可能性のある不動産の種類】
1位 戸建て・・・81.5%
2位 土地・・・33.6%
3位 農地・・・11.8%
4位 マンション・・・7.1%
5位 山林・・・1.7%
6位 アパート・・・0.8%
7位 ビル・・・0.4%
8位 その他・・・0.4%

【相続する可能性のある不動産はどうする予定ですか?】
1位 分からない・・・39.2%
2位 売却・・・33.9%
3位 自分が住む・・・33.9%
4位 賃貸に出す・・・14.8%
5位 子どもが住む・・・9.0%
6位 空き家として管理・・・6.9%
7位 戸建て賃貸経営・・・6.3%
8位 アパマン賃貸経営・・・5.3%
9位 駐車場経営・・・4.8%
10位 更地にする・・・2.6%
11位 空き家として放置・・・2.1%
12位 トランクルーム経営・・・1.1%
12位 太陽光発電として活用・・・1.1%
12位 サービス付き高齢者住宅経営・・・1.1%
その他・・・0.5%

相続経験者と比べてあまり変化がなかったのは、「自分が住む」「子どもが住む」の合計42.9%でした。

一方、「売却」「賃貸に出す」「戸建て賃貸経営」「アパマン賃貸経営」「駐車場経営」「トランクルーム経営」「太陽光発電として活用」「サービス付き高齢者住宅経営」で収益化をしたいと考えている人が合計69.4%と増加し、空き家のままにする予定という9.0%の人を大きく上回りました。

相続経験者と相続予定者との相違について、収益化という希望をいだいていながら、それを実現しきれていないという現実の狭間が垣間見えるような気がします。