【山形県の言い伝え】民話・伝説

【地域・リンク】

【概要】

南陽市漆山地区には、古くから鶴の恩返し伝説が伝わっています。その「鶴の恩返し」伝説は江戸時代の古文書に書き記されており、 記述としては日本で最も古いものです。現在でも、漆山には、鶴巻田、羽付、織機川などの鶴の恩返しにちなむ古く からの地名が数多く残されています。また、鶴の羽で織った織物を寺の宝物としたと伝えられる「鶴布山珍蔵寺」という古刹があり、その梵鐘には鶴の恩返し伝説が描かれています。夕鶴の里資料館では機織りの再現を見る事や民話を聞くこともできます。

鶴布山珍蔵寺縁起(鶴の恩返し)
金毛和尚と三十三観音
白竜湖
宮内の大いちょう
むじなの御所
鬼面石とおかばみ沢
義経の名馬


動画出典 あんみつこの読み聞かせ部屋